チャリティーローズ絆とは

絆の活動

 

当NPO法人の代表理事である森 美保の申し出により始まった東日本大震災のチャリティローズプロジェクトは、当初のロイヤリティの寄付という1つの目的から、バラKIZUNAを通した、大震災の被災地のための幅広い活動へ発展しています。
チャリティローズ KIZUNAの鉢、苗、切り花を指定した生産者に生産をお願いし、販売した収益金の一部を被災地のために使う活動を中心に行っています。
また、自治体やその他の団体などとコラボレーションし、バラKIZUNAを使った被災地支援を展開しています。
そして笹川日仏財団などから支援を受け、日本とフランスの友好の絆を深める活動をしいます。


 

・被災地の様子を知りたい方
  ⇒想い.COM

・ボランティアに参加、被災地を訪れたい方は
  ⇒JCN(東日本大震災支援全国ネットワーク)

智頭植樹祭取材の様子

絆の活動実績

【日本での活動】

●2016年6月福島県いわき市あかいの森にKIZUNAとKIZUNAのファミリーのバラの苗を植樹


●2016年も引き続き、毎月石巻仮設住宅へ月命日の花を45束寄付


●2015年7月福島県いわき市の結婚式場コリーナ内ローズガーデン、いわきフラワーセンター、社会福祉法人楽寿会楽寿荘、いわき市復興住宅にKIZUNAの苗を寄付


●2015年3月智頭絆の会の皆さんが智頭農林高校の生徒さんの協力を得て、智頭急行 恋山形駅にKIZUNAを植樹


●2015年も引き続き、毎月石巻仮設住宅へ月命日の花を45束寄付


●2014年5月 西武ドーム・「第16回国際バラとガーデニングショー」に出展、販売


●2014年3月11日(智頭町での活動)大震災3年目を機に鳥取県智頭町の「智頭絆の会」と智頭急行のご協力を得て智頭駅前植え込みに絆を植樹


●2014年3月3日(姫路での活動)銀の馬車道ネットワーク協議会等姫路市の団体とのコラボで姫路の2か所に絆を植樹


●2014年3月 宮城県石巻専修大学にKIZUNAの苗を寄贈


●KIZUNAの苗の売上の一部を公益財団法人「みちのく未来基金」に寄付

●2013年11月より毎月石巻仮設住宅へ月命日の花を45束寄付


●2013年11月 岩手県・陸前高田‘花っこ畑’にKIZUNAの苗を寄贈


●2013年11月 福島県双葉町仮庁舎に KIZUNA苗を寄贈


●2013年11月 宮城県石巻ひなたぼっこにKIZUNAの苗を寄贈


●2013年5月 西武ドーム・「第15回国際バラとガーデニングショー」に出展、販売



【フランスでの活動】

●2015年5月フランス リヨンのローズフェスティバルで、フランスオールドローズ協会のブースで、KIZUNAの活動を紹介

●2014年8月パリにて、OECD東北スクールに参加。

 ⇒パンフレット


●2012年3月リヨンオペラ座、大震災チャリティコンサートでKIZUNAの活動が紹介されました。


●フランスでのバラKIZUNAの苗の販売 Petale s de roses


●フランスでもkIZUNAを通して、被災地支援活動が行われています。
 ⇒在フランスリヨン日本領事館

いわきフラワーガーデン

いわき市コリーナローズガーデン

2014年8月パリにて、OECD東北スクールに参加 ④
2015年5月フランス リヨンのローズフェスティバル
2014年8月パリにて、OECD東北スクールに参加 ②
2014年8月パリにて、OECD東北スクールに参加 ③
大震災チャリティコンサートでIZUNAの活動が紹介されました。
2014年8月パリにて、OECD東北スクールに参加 ①
智頭植樹祭集合
智頭急行の智頭駅にKIZUNAのバラを植樹
陸前高田‘花っこ畑’にKIZUNAの苗を寄贈
石巻専修大学にKIZUNAの苗を寄贈
石巻ひなたぼっこにKIZUNAの苗寄贈
双葉町仮庁舎に KIZUNAのバラを寄贈
国際バラとガーデニングショーの様子
国際バラとガーデニングショーの様子
国際バラとガーデニングショーの様子
国際バラとガーデニングショーの様子
TOPへ戻る